地域検索J-web search

W3C準拠 サービスを行うことによってタグの増大化を抑えSEO対策ホームページ制作が可能となります。

Jnkwebのホームページ作成の3原則

  • 日々の更新作業を簡単に行えるWeb構築
  • 検索エンジンに掲載される事が前提条件でWeb構築を行います。
  • 企業イメージを損なわないWeb構築

今日ホームページ何が必要か?

  • RSSやATOMなどで情報を配布
  • 日本においてはYahoo Japan!の検索上位
  • 企業サイトとしてのWebポジショニング

W3C準拠 サービスを行うことによってタグの増大化を抑えSEO対策ホームページ作成が可能

  • W3C勧告によって決められた標準化されたワールドワイド規格
  • 貴サイトのタグ(ソース)をご覧ください、また当サイトと見比べて見て下さい。
  • シンプル イズ ベスト-風通しが悪くないですか?

更新自由自在なCMS(contents management sysytem)

コンテンツを管理するシステムで、今まではホームページ ソフトを開いてそこに内容を書き込み、HTMLを作り、FTPを使ってアップロードするといった作業をを簡素化したりするものである。 現在は、Web上でログインし、ブラウザ上で書き込んだり更新したりする、といった使い方をするものが一番一般的なイメージのCMSである。 あまり知識のない人などが参加するWebサイト構築などでもフォーマットの統一が容易であるなどの点利点から、企業や大規模サイトはCMSを採用をしている。

ビジネスブログの活用

皆様も既にご存知の通りブログの普及率は世界一、従来のホームページに比べて更新の簡易性などに優れており、ホームページソフトやHTML知識がなくてもブラウザーから簡単に更新を行うことができます。 発信した情報をRSSやATOMでPING送信するための、他方面に情報を発信可能で最近ではPINGサーバーへの掛け渡しのビジネスまであり、バックリンクとしても重要であります。 このようなことから企業がビジネスブログの採用を急増しているのです。

W3C標準に準拠したホームページ制作

W3C標準に準拠したホームページ制作(XHTML+CSS)を行っています。 W3Cの正式名称は「World Wide Web Consortium」
W3Cとは、WWWで利用される技術の標準化団体。HTML、XML、CSS等の仕様もここで制定された。米国MIT(マサチューセッツ工科大学)、フランスのINRIA(国立情報処理自動化研究所)、日本の慶應義塾大学等が中心に運営。

ホームページ作成はW3C準拠

多様化の今に要求されるのはアクセシビリティー、W3C準拠のWebサイトではデザインはスタイルシートにて表現するのが標準化されています。