地域検索J-web search

W3C準拠 サービスを行うことによってタグの増大化を抑えSEO対策ホームページ制作が可能となります。

W3C(World Wide Web Consortium)とは

W3Cとは

  • 基本的にWEB標準であるW3C標準に準拠したWEB制作(XHTML+CSS)を行っています。
  • W3Cの正式名称は「World Wide Web Consortium」で、インターネット上で用いられる技術の標準化を目的とする団体です。
  • Webの標準化団体で、HTML, XML, XHTML, CSSなどの規格をとりまとめているところ
  • WWWで利用される技術の標準化をすすめる団体。WWW技術に関わりの深い企業、大学・研究所、個人などが集まって、1994年10月に発足した。 現在では、マサチューセッツ工科大学計算機科学研究所(MIT/LCS)、フランス国立情報処理自動化研究所(INRIA)、日本の慶應義塾大学SFC研究所(Keio-SFC)がホスト機関としてW3Cを共同運営している。
W3Cのホームページはこちら(英語)

W3C準拠サービス

既に制作されているサイトのHTMLソースのなどのW3C準拠標準化を行うことによって、Webサイトのスムーズ化をする事によってSEO対策、アクセシビリティの向上、メンテナンス性の向上を可能とします。
  • W3Cによって勧告された仕様に準拠し、コンテンツとデザインを分離した「XHTML+CSS」にて適切なホームページ制作(XHTML+CSS)を行っています。
  • ホームページソフトなどで制作されるWebは<table>レイアウトなどの複雑なHTMLソースに比べ、W3Cに準拠したXHTMLソースは、検索エンジンに好まれるサイトとなります。(SEO対策)

まずは貴サイトのW3C準拠されているかチェック

  • このサイトをご覧んいただきご納得いただいた方はまずは貴サイトのソースをご覧んください。
  • かなり複雑になっていると思います。
  • 当サイトのタグをチェックして下さい。非常にシンプルです。
  • 風通しの違いがわかるはずです、検索エンジンのクローラーも複雑すぎて道に迷ってしまうかも知れません(笑)

HTML文法チェッカーでチェック

HTML文法チェッカーでチェックしてみましょう

「メンテナンス性の向上」とは

  • スタイルシート(CSS)が管制塔の役目をするため、Webの集中制御がCSSで可能の為にメンテナンスがより楽になります。

検索エンジン対策(SEO対策)とは

  • WEB標準化を行うことによってページが検索エンジンのクローラーが読み易くまた好まれるレイアウトを作成可能で検索エンジンのクローラーの複雑化するサイトよりも読み取られ易い。

「アクセシビリティの向上」とは

  • スタイルシートやページ構造の最適化を行うことによってより多くにブラウザに対応することが可能ですのでアクセシビリティがUPします。

「Webサイトの軽量化」とは

  • Javascriptやtableの多用は、各ページのソース量を増大させ、またページ内にCSS記述するなどページ内を複雑化、検索エンジンのクローラーへの悪影響を及ぼします。W3C標準化はスタイルシート(CSS)とページを分離し、divやliによるレイアウトでWebサイトやページのスリム化を可能とさせました。